基本編 フラワレット ダブル技法2

2014年03月20日

フラワレットのダブルの技法は全部で3つあります。
こちらが2つ目。

後のピクチャーズには役立ちますので、
なんとなく種類があったということだけ、
覚えておいてください。

最初のステッチはシングルの1~2とほぼ同じです。

3つ目のケーブルを作るところからスタートします。
布の向きは縦地↑です。
糸を針の下におき、折山4本目をすくいます。
フラワレット ダブル21

糸を引き、針を折山3と4の谷間から裏に糸を出します。
フラワレット ダブル22

布の向きを変えます↓

 

針を折山1と2の間(最初のステッチのすぐ下から出します。)
フラワレット ダブル3

折山1を右から左にすくいます。
フラワレット ダブル4

糸を針の上によけて2本目を右から左にすくい、
最初のケーブルステッチの下に、
アップケーブル(オーバー)を刺します。
フラワレット ダブル5

次に、糸は下によけておき、3本目を右から左に刺します。
ダウンケーブルになります。
フラワレット ダブル6

糸は上によけておき、4本目をすくいます。
アップケーブルになります。
フラワレット ダブル7

折山3本目と4本目の間から針を裏に出します。
フラワレット ダブル8

裏で止めたらフラワレット ダブルの技法1の完成です。